作業員

習性から理解する

散布

スズメバチの巣を駆除すれば安全を確保できるとはいえ、そもそもスズメバチの巣を見つけられないまま事故につながることがあります。ですから、駆除を依頼するのはもちろん大切ですが、自分自身で事故を回避するために危機察知能力を高められるよう、知識をつけて置くのも大切です。
そこで、スズメバチの巣を駆除できる業者が伝授してくれる、相手の習性を知るのが役に立ちます。時にはスズメバチの巣が見つからないまま刺されることもあるだけに、生物的な観点から理解して安全を確保するのが大切です。

まず、スズメバチの巣によってトラブルが起こる時期は暖かい時期だという前提知識が大切です。女王蜂は冬眠をする習性がある他、働き蜂には冬を超すだけの体制が無いため、涼しい時期は安心してもほぼ問題ありません。その反面、春を越える頃にはスズメバチの巣から活発な活動が見られるようになるため、日常的に注意を払っておく必要性があります。
また、スズメバチの巣が活動していると考えられる夏場には、匂いで引きつけてしまう可能性を念頭に置いた生活を過ごすことが望ましいとされています。スズメバチの巣の近くで甘い匂いを放っていると外敵が近寄ったと認識されるため、できれば甘いニオイのもととなるジュースや香水は屋外では控えるようにするのが大切です。
そして、存在を認識することがあったなら、早急に駆除を依頼して対策を取るのが大切です。自力で駆除をするのは当然危険すぎるため、働き蜂を目撃した場合やスズメバチの巣を目撃した場合は、専門の駆除業者に連絡を取るのがもっとも安全策です。